歯科衛生士の求人

歯科衛生士になるためには、高等学校を卒業後、大学(短期大学を含む)や専門学校で所定の技術を身に着けることが必要です。

歯科衛生士の養成機関を卒業すると、国家試験の受験資格が得られます。この試験は毎年3月に行われ、合格すると歯科衛生士免許が与えられます。厚生労働省の歯科衛生士名簿に登録される、確立した資格職のため、求人の窓口は多く、その種類は多様化しています。時代が幅広く変化していっているため、よりニーズに合わせた対応のできる歯科医院と歯科衛生士が必要とされているのです。一般の外来歯科から、訪問診察専門の歯科、矯正歯科や小児歯科医などの病院勤務のほかに、学校訪問をして診察したり、生徒指導をすることもあります。

デイサービスなどの老人看護施設の専門歯科という職種あります。勤務時間や勤務体系、給与等も大きく差が出てきます。

より求人が多いのは、多様な人がたくさん生活している都心部ですが、地方でも専門系の歯科医院はたくさんあるため、求人も存在しています。都心部での勤務がなかなか厳しい人であっても、妥協せずに探すことで、丁度良い待遇の求人に巡り合えます。

求人情報を公開せず、信頼できる求人コンサルタントに任せている歯科医院も多く存在します。雇用側が信頼しているコンサルタントは、歯科衛生士側も信頼していいコンサルタントである場合が多いです。自分にとって「働きやすいクリニック」が一体どのような条件の求人を出しているのか、まずはコンサルタントとの相談から始めるのもよいでしょう。

当サイトでは、歯科衛生士の求人における、現状やポイントを紹介します。

 

▽求人関連情報
実際の歯科衛生士の求人情報はこちらをご参考ください>歯科衛生士 求人

知識とスキル

歯科衛生士としての転職の際に、国家資格が必要になるのは当然ですが、それ以外に「あったら得をする知識」や「あると成功しやすいスキル」はたくさんあります。 人付き合いがうまいことや、愛想が良いことは、どんな職場だとして求められるスキルです。歯科衛生士でなくても必要なものですが、対人の職業であるため・・・

勤務体系と分野

歯科衛生士が働く場所は、何も一般的な歯科医院だけではありません。まず、歯科医院自体の勤務でも、常勤と非常勤で違いがあります。待遇も勤務時間も給与も、全然タイプが違います。 勤務体系の選択は、とにかく自分の生活と照らし合わせて、「どんな勤務を望むのか」を知ってからです。「初めのうちは無茶をしておくぐらいでいい・・・

求人サイトを利用する

歯科衛生士の求人は、特化したサイトで見るのが一番便利です。待遇や勤務地、現在の環境など、写真つきで紹介しているサイトが多いので便利ですし、現在勤務をしている人でも、空き時間にネットを使って簡単にチェックすることができるので、必要以上の活動負担が増えなくて済みます。 特に、医療求人に特化しているサイトや・・・